なかなか痩せない40代の間違ったダイエット方法

基礎代謝を上げることが何故ダイエットに必要なの?

「代謝」はよく耳にする言葉です。

 

ここでは、数ある代謝の一つ「基礎代謝」についてご紹介します。

 

結論から先に言いますと、この基礎代謝を高めることが
痩せやすい体を作る一番の近道ということです。

 

基礎代謝は、一日で70%ものカロリーを消費します。そして、その約半分近くは筋肉のために使われるため筋肉を付けることで多くのエネルギーを消費しますので基礎代謝を多く消費させるには、無酸素運動を取り入れ筋肉量を増やす事が大切なのです。

 

無酸素運動とは、一時的に呼吸を止めて行う運動のことであり腹筋運動やウエイトトレーニング、短距離走などがこれに該当します。

 

併せて、ジョギングなどの有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼が盛んになり無理なく消費カロリーを増やすことが出来ます。

 

ところであなたは、「栄養飢餓」という言葉をご存知ですか?

 

ダイエットを始めようとする大半の方が、最初に行うのが
食事の摂取カロリーを抑えようと、大胆なカロリーカットを
行うことです。

 

確かに、食べ過ぎによる体重増加を防ぐには、カロリーを
抑えるのはある意味有効な方法ですが、この時、決して間違えては
ならないことは、断食やローカロリーのものだけを
食べることで、栄養バランスを崩してしまうことです。

 

更に栄養バランスを考えず、カロリーカットすることで
栄養飢餓状態を作り出し、痩せるのに必要な基礎代謝の低下を
招くと同時に、食べ物の栄養をまんべんなく吸収しようとして
体内に取り込む働きが強くなってしまいます。

 

また、不足したエネルギーを補おうとする働きが始まり
筋肉から栄養を吸収し、筋肉量が減少します。
ここで普通なら「筋肉を落とせば痩せる」と思いがちですが、
筋肉量が減ると基礎代謝も低下してしまい、今度は脂肪を蓄積し
始めます。

 

また、必要なミネラルやビタミン群も不足してしまうので
この作用がますます活発になることで、今まで以上に
食欲が湧いてきて結果として、元のように太ってしまう、
冷え性が改善されない、内臓の働きが鈍くなり便秘しやすくなるなど
ダイエットの妨げになる要因が増えてしまうので、
注意が必要です。

 

40歳を過ぎ、中高年と呼ばれる年代になると
この基礎代謝の衰えは著しく、だんだん痩せづらい体質になっていく
ので、少しでも代謝を高める工夫が必要になります。

 

何もしていない状態、睡眠している状態でも、
基礎代謝のお陰でカロリー消費が行われていることを考えれば、
過度な食事制限を行うのは太る原因に繋がることは
容易におわかり頂けると思います。

 

ところであなたの日常生活は、規則正しいですか?
ダイエットで大きな効果を得たいのなら、知らないと損をする体内の神秘について
お伝えします。

 

早寝早起きに心がけていますか?

スポンサードリンク